カンボジア外国人研修生のもつ特徴とは - カンボジアにネットワークを持つ人材派遣会社

カンボジア外国人研修生のもつ特徴とは

インドシナ半島にある、人口約1、500万人のカンボジア王国。
国民の大部分は熱心な仏教徒であり、年配者を敬う点、礼儀作用を怠らない点など、日本人と非常に似た価値観を共有する国民性をもった国です。
多くの国民が大家族の家庭をもつため協調性をもつ人が多く、さらに真面目で、勤勉という特徴なども、日本人と非常によく似ており、外国人研修生を利用する日本企業においてカンボジア研修生の評判が良いのも、こうした共通の国民性があるためといえます。

カンボジアの外国人研修生に今、注目が集まっています。

現在、日本はカンボジア最大の援助国となっており、多くの国民が日本やその企業に対して強い感謝の念を持っているようです。


政府が日本の行政を参考しているなど、政治の観点からも日本に対して大いに信頼を寄せている国です。


日本の行政を取り入れるため、公務員を日本へ派遣するといった活動も行っています。
そのため日本の人気もとても高く、良いイメージをもち日本にやってくる外国人研修生も数多くいます。



近年は日本企業の進出も増えており、日本への関心は今後も高まっていくものと予想され、カンボジアからの外国人研修生の数も増えていくと考えられます。

カンボジア国民の平均年齢は25才、国民全体の7割が30代以下と極めて若くなっています。



また国民の平均月収も100ドル以下となっており、こうした国内の実情から、そして多くの支援を行っている日本に対する強い想いから、日本で働きたいと考える若者はますます増えています。