カンボジアの外国人研修生の貢献度がスゴい! - カンボジアにネットワークを持つ人材派遣会社

カンボジアの外国人研修生の貢献度がスゴい!

国際化社会の発展が進むにつれ、新興国と呼ばれるアジアの国々の外国人研修生を受け入れて日本の技術を伝授し帰国後に祖国にその技術を還元するというプロジェクトが盛んに行われています。


そしてそのプロジェクトに協力する日本企業も段々と増えてきました。

安心、信頼のカンボジアの外国人研修生はかなり有益な情報が揃っています。

外国人研修生は中国やベトナムをはじめとするさまざまなアジアの国からやってきますが、中でも日本企業から高い評価を受けているのがカンボジアの研修生です。



カンボジアから来た若い研修生たちはとにかく素直で明るいとどの企業も口をそろえて評価しています。

職場には高年齢の技術者もいますが、カンボジアの研修生は挨拶も元気よく、言われたことを素直に守り吸収するので、比較的年齢が高い職員からの評判も上々です。
中には英語がまったく話せないという職員もいますが、研修生の方が日本語を積極的に覚えたため、最初のうちこそ戸惑いがあったものの、すぐに言葉の壁を超える信頼が生まれたという話は枚挙にいとまがありません。

そんな噂が広まったのか、現在では外国人研修生ならば是非カンボジアからの若者を受け入れたいというのが多くの企業の希望です。


研修生が入ることで、毎日のル−ティ−ンワ−クに新しい風を入れることができます。



マンネリだった職場の雰囲気も研修生の存在で社内の雰囲気も引き締まり、各自が自分の仕事に対する見直しができる良い機会となります。


外国人研修生を受け入れる企業は、国際的企業として世間に認められる良い機会にもなります。


カンボジアからの研修生は、受け入れ企業の社内の活性化だけでなく国際的企業としての認知されるということに対しても大きな貢献をしています。