カンボジアからの外国人研修生 - カンボジアにネットワークを持つ人材派遣会社

カンボジアからの外国人研修生

東南アジアの開発途上国は、近年目ざましい発展を遂げ経済や産業が急速に伸びています。

カンボジアの外国人研修生に関する情報が閲覧できます。

しかし、自国のみの知識や技術力では限界があり先進国の優れた技能を取り入れる事が必要不可欠です。



東南アジアの中でも代表的な国であるカンボジアは、日本企業の協力の下で外国人研修生として、日本へ送り出し将来の国の担い手となれる様に教育を行っています。

カンボジアは若い世代が多く、日本の少子高齢化社会と全く異なる年齢比率です。これからの国を支える20代を対象として、国内である程度の日本語や技術教育を実施しています。

決められた教育期間を経て厳しい審査により、選ばれた優秀な人材だけが外国人研修生として来日出来るのです。
現在の日本では、人口減少が大きな社会問題で生産人口がこのまま減り続ければ間違いなく経済産業に大打撃を与える事になります。これまで築き上げたきた優れた技術の継承が難しくなるのは避けられない現状です。



カンボジアからの外国人研修生は、こうした日本の問題を少しでも軽減できると期待しています。


外国人研修生の存在は、企業の生産性向上も得られますが日本人従業員にも良い影響を与えます。
知識や技能を教える必要があり、仕事に対する責任感が生まれるのです。カンボジア人は日本と同じ仏教国で、感謝の気持ちを忘れない国民性からお互いの関係も良好になれる期待もあります。

母国に帰国した研修生は、国の発展や日本との懸け橋になり両国にとってメリットが大きいです。